西北舎

HOME >  都の西北学院  > 基本方針

基本方針

  • 【1】志望校の合格に全力投球!

    いわゆる難関校をめざす特定の少数の生徒達だけに力を注ぐのではなく、塾生全員に一人ひとりにあった学習指導を行い、合格後も燃え尽きない志望校選びを一緒に考え、合格に導いていきます。

  •    ~目的・現状に合わせた、多様な授業形態を用意します~

  • クラス授業

    一クラス5~12名前後の授業。一方的な講義形式ではなく、生徒に意見や発言を求める参加型授業です。
    毎回、宿題・家庭学習を課し、自主性を育てます。テスト前には学校別クラスに分け、対策を行います。

    入塾テストは行っておりませんが、学校の成績(観点別も含めて)、面談や体験レッスンでの様子を見させていただきます。

  • 個別指導

    先生:生徒1:1or1:2です(選択制)。何人もの生徒を一人の先生が見て回る形式とは、断然こまやかさが違います。また、授業前や授業後の自習を奨励しており、塾に入ってからは以前より明らかに勉強への意欲が増えたいう喜びの声をいただいております。

    入塾テストは行いません。面接を通して、その子に合った先生と指導法や教材を決定します。

  • 【2】進学塾・補習塾を両立!

    大手の進学塾においては、色々な学校の生徒が集まってきているため、通常から学校の進度に合わせて授業ができないのが現状です。しかし、当塾では必要に応じてレベル別・地域・学校別にクラス分けを行い、更に周辺の中学校に合わせた日程で個別対策や土曜・日曜無料特訓を行うなど、常に中間・期末テストを意識しています。

  • 【3】めんどう見が良い!

    (1)テストや入試対策の直前には特別講座、推薦入試前には作文・小論文を添削、検定前には級別対策授業等、通授業以外でも手厚くサポートしています。

    (2)やる気のある生徒には、時間外の質問や塾自習も受け付けています。

    (3)テストの結果に課題がある生徒には、授業外の日に補習を行います。

    (4)お子さんの授業でのご様子を、毎月(個別授業の生徒には授業毎に)ご家庭に報告します(詳しくはコチラ)。面談も年に4回開催(うち2回は任意)し、進路相談をきめ細かく行います。

    (5)基本的生活マナーについても注意します。自転車の置き方や挨拶、授業態度・宿題忘れ、その他細かい面でも厳しく指導を行っています。

  • 【4】検定の取得を積極的にサポート!

    当塾は英検、漢検、数検の準会場として、地域の方々に検定の普及をはかると同時に、授業で検定対策を行ったり対策講座を行うなど、1年を通して積極的に受検をすすめています。(詳細はコチラ)

    塾生は受講科目にかかわらず、全員必修で漢検テキストを学ばせています。国語力をあげることは、他科目に大いに良い影響を与えると考えているからです。

    今年度実施予定月

    漢検

    6月(未定)、8月、10月

    数検

    4月、7月、10月

    英検

    5月末、10月

      文検も10月に開催予定